入園式

先日、娘の入園式があった。

待機児童の問題が取りざたされる中、娘は幸運にも入園が認められた。
うちは田舎なので、幸いなことに待機児童はいなかった模様。

保育園の場所は家から駅と反対方向に20分程歩いた所にあるので、通勤時間に往復の40分を多めにみなければならない。
送り迎えは嫁と私で、交替制の予定。
朝の貴重な海荷ちゃんとの時間が減ってしまうが致し方ない。

あなたも、もちろん来るよね?と有無を言わさない嫁の圧力の元、しぶしぶ数少ない有給を申し込んだ。4月の仕事始まりの日に。上司からの無言のプレッシャーを受けて。

両親が共働きで保育できないから保育園に預けるのに、新年度4月の仕事一発目の平日に入園式を設ける保育園、それに参加できる父親。狂気じみている。

入園式に参加できる父親なんて、僕だけなんだろうな、「あのお父さん、今日来れるなんてきっと無職よ!」と美人ママ達に後ろ指を指されるのかな、なんて少し興奮しながら考えていたが、会場に着くと、なんと新入園児の父親はもれなくフル参加。僕の趣向はマイノリティではなかったようだ。

あれか、代理お父さんてやつなのか?
それとも、ここにいるお父さんは皆、モグリの仕事をしている?
もしくは、実は隠れ主夫ってやつ?

下らぬ思惑を巡らせたが、きっと彼らも僕と同様に、妻と上司からの重圧を受け、致し方なく参加した身なのだろう。そうに違いない。もしくは僕と同じマイノリティな趣向を持っている。狂気じみている。

バズーカの様な大きいカメラを構えるお父さん、スマホで我が子を連写するお父さん、死んだ魚のような目で会場隅で電話をするお父さん。園児達も歌っていた、みんな違ってみんないい。

これから、何年間も愛娘がお世話になる保育園。ここで、色々な体験をして、すくすくと成長してくれることを願い、娘の横顔を眺めた。

ときどき、美人ママさんグループを眺めて鋭気を養ったなんて、口が避けても言えない。

「おばあちゃん、マジ、神。」

うちの家は築40年の古マンション。

 

古マンションをリノベーションした。

 

施工業者さんにリフォームの依頼をしたところ、水回り、換気設備、床に至るまで全てにガタが来ているので、大規模な工事が必要とのことで、リノベーションを決意。

 

リフォームは小規模な工事で、
リノベーションは大規模な工事だそう。

 

3ヶ月かかったリノベーションが完了し、今月から住み初めた。
同時に、重くのしかかる、長い長い返済ローンも初まった。

 

3LDKから、間仕切りを設けた2LDKへ。

 

家族が同じ空間にいることを大切にしたいと思い、壁を壊して2つの部屋を広めの1つリビングへ変更。

 

マンションのリノベーションについては、設備や段どり、金額・返済ローンも含めて、追々記します。

 

リノベーションが完了し、引っ越しも無事に終わったが、部屋は段ボールに埋もれ、キッチンも満足に使えない状況。

 

そんな時に現れた救世主が嫁のお母さま。

 

飛行機に乗ってわざわざ遠方から来てくれた嫁のお母さま。

片付けが苦手な嫁と正反対に、テキパキと片付けを進める。

 

「おばあちゃん(義母)、マジ、神。」

 

もし、娘が小学生位ならこう言ったに違いない。

 

一方、私の母はヨガと針治療に明け暮れている。

今日から僕は

初めまして。

まっちゃんと申します。

 

今日から僕は、恥ずかしながらブログを開設させて頂きます。

日々の出来事をポロポロと書いていきたいと思います。

 

よろしくお願いします。