読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕のセンテンススプリング

現在、職場から変人扱いを受けている。

きっかけは僕の仕事パソコンを同僚に貸したことにより、「癖」がばれてしまったからだ。

決して、デスクトップを卑猥な画像にした訳でも、起動音をストリートミュージックにした訳でもない。

単にキーボードの変換に、様々な短縮登録を施しているだけだ。 

 

例えば、

「お」で変換すると、
「お世話になっております。〇〇社の〇〇です。」と文章が出てくる。 毎回使うセンテンス。

「あ」で変換すると、
「ありがとうございます。また、機会がございましたら宜しくお願い致します。」
取り敢えず、末尾にいつも入れてるやつ。

 

「ま」で変換すると、
「誠に申し訳ありませんてした。次からはこのような事がないよう、注意致します。」
高使用頻度のやつ。僕は謝る機会がとにかく多い。ほぼ毎日使う。

 

「や」で変換すると、
「やっほー!今日もお疲れちゃん★」
これは同期のたけし君と息抜きでメールする時に使うやつだ。

 

「ほ」で変換すると、
「ホントにホントにホントにライオンだー♪近すぎちゃってどーうしよっ♪」
これは総務のおばちゃん、花子さんと昼休みに戯れる時に使うやつ。

 

と、これはまだまだ序の口だがこんな具合に様々な短縮登録をしている。

バレてから、僕なり時短術です、と言い訳するも理解を得られなかったようだ。

 

この一件について、部長に謝罪のメールを送るも、いつも癖で「ま」から始まる、誠に申し訳ないの短縮センテンスを使い、墓穴をスコップで掘ってしまった。

 

極めつけが、社長に「ほ」んとうに、申し訳ありませんでした、と送りたかったところを

「ホントにホントにホントにライオンだー♪近すぎちゃってどーうしよっ♪申し訳ありませんでした」と急いでいるあまりに、そのま送信してしまった。

 

こんな文章、謝るどころか完全に茶化している。センテンススプリングだ、馬鹿げている。墓穴をシャベルカーで掘ったようなものだ。

 

仕事は遅いのにメールの返信が異常に早いまっちゃんの異名をもっている僕のツギハギが、ついに外れてしまった。


メールの返信を早くする本当の理由は、タイムアタックを僕なりにしていたのだ。
朝、出社して30分はメールの返信に時間を費やす。これが苦痛で仕方なかったのだ。

 

どうでもいいメールや、とりあえずCCで送られてくるメールばかりだから、僕もとりあえず返信する。その為に短縮登録をしたのだ。

 

ベッキーちゃんもセンテンススプリングで相当痛い思いをしたが、僕も件の件で痛い思いをした。

新年度、春一番にセンテンス スプリング。

片付けの呪文

引越から数週間が経過するが、部屋の中が一向に片付かない。

片付けたそばから、Amazon様から衣装ケースが4つも届いた。

その前は引き出しの中を小分けにする為の箱が楽天様から8つも届いた。

クレジットカードからいつの間にか引き落とされている事を忘れて、Amazon様や楽天様からの引越祝いと思うようにしている。

 

決して、嫁様の仕業とは思わないようにしている。

僕が数少ない荷物中から、泣く泣く頑張って削った100gをいとも簡単に無駄にしてしまう。
この行き場のない歯がゆい気持ち、どうしたことか。
嫁にお願いだから物を増やさないでほしいと懇願した、次の日。

僕は、メルカリでビニールボール300個とビニールプールを買ってしまった。
我が家は狭い2LDKなのに。

娘が大好きなボールプールを家で実現させかった。

前日に嫁に発した言葉が、ブーメランで自分に突き刺さる。

夫婦、似た者同士。
嫁さんになんて謝ったらいいのだろう。

風邪と花粉症の間

久しぶりに体調が優れない日が続いている。
スギの花粉症をこじらせたかな、なんて思っていたが例年よりも症状が重く、もしや風邪なのかとようやく気付いた。

止まらないくしゃみ、止まらない鼻水、ほとばしる頭痛、抜けない身体のだるさ。
花粉症の症状ではない、風邪に階級を上げている。
風邪を引く原因なら、いくつも思い当たる。

自宅では窓際の寒い位置で、せんべい布団とタオルケットで寝ている。
風呂上がり、濡れたままの身体で、娘のオムツ交換と着替えをしていたり。

寒かったら厚着をしたらいい。風呂上がりに湯冷めするなら、もっと温まればいい。睡眠不足ならもっと早寝すればいい。
全くもって自業自得。
早く治さねば。

アレルギー

娘がうどんを食べて、二時間ほど経過してから顔中に発疹がでたので、急きょ小児科を受診した。

うどんの中にある小麦粉に反応した食物アレルギーの可能性もあるということで、血液検査を実施。

娘だけ別室で採血を行ったが、そこから聞こえる悲鳴に胸が傷む。

 

検査の結果、幸いなことに小麦アレルギーはなかった。単に口の周りについた食べ物を顔につけてしまって、荒れてしまったそう。


だが、卵で強アレルギー反応がでた。

卵黄・卵白、共に強アレルギー。
パンやケーキ等、様々な食品で卵は使われることが多い為、これからは食べ物にいっそうの注意を払わないといけない。


また、インフルエンザ等のワクチンに使われることもあるので、予防接種でも気をつけないといけない。

母によると、僕も卵アレルギーを持っていたが毎日、0.1gずつ増やしながら摂取をして、最終的にアレルギーを除去できたそう。

 

自分が卵アレルギーを持っていたことすら、忘れていた。母に感謝しなければ。

娘にアレルギーを遺伝させた事を本当に申し訳なく思う。
母が僕のアレルギーを除去してくれたように、娘のアレルギーも必ず除去してあげたい。

そして、いつか大きなケーキをお腹いっぱいになるまで一緒に食べたい。

パパらしかれ。

娘の送り迎えで保育園に行くと、先生や周りのママさん方から「〇〇ちゃんパパ」と呼ばれる。

決して、「まっちゃん」などと愛称で呼ばれることはない。

そして、まだ呼ばれ慣れてないからなのか、違和感いっぱい。


だが、若い保母さんに、「〇〇ちゃんパパ、おはようございまーす」なんて言われた日には、朝から元気100倍アンパンマンだ。
今日も1日、頑張れる気がする。

これが楽しみで娘の送り迎えに行くようにさえ思える。


しかし、実は娘を保育園に預けて会社に行く時、僕は本当に悲しい。

何でこんな幼い娘を預けて会社になんて行かなきゃいけないんだ、と心の中で叫ぶ。
バイバーイと手を降っても、娘はまだ状況が理解できないからか泣くことはなく、笑顔で手をパタパタさせる。
娘とお別れする悲しい気持ちと、保母さんからの「〇〇ちゃんパパ行ってらっしゃーい」の言葉で、喜んでしまう気持ちが複雑に混ざりあう。

僕よ、〇〇ちゃんパパらしかれ。

ミニマリストとマキシマリスト

終末の休暇を利用して、郊外の大型ショッピングセンターに行った。

休みの日くらいは家族サービスが大事よね、と嫁の大号令が出たからだ。

 

むしろ休みの日くらいは休ませてよ、なんて言えない。僕の貴重なお小遣いが、さらに減額される可能性がある。触らぬ神に祟りなし。

 

コストコ、イケア、ニトリとハシゴした。
ハシゴするのは平日の夜だけで十分なのに。

 

コストコでは、車の掃除に使えそうなほど丈夫なキッチンペーパーと、ロール数が化け物のようなトイレットペーパー、鼻が曲がりそうな匂いのする外国製洗剤を購入。
小売りしていないので、どれも大量購入。

 

イケアでは娘が喜ぶから、とカラフルなプラスチック皿とコップを大量購入。
馬鹿げている、娘はまだ乳児だぞ。こんなカラフルな色使いで僕は目がチカチカする。


ニトリでは今年はたくさん本を読む予定だから、と本棚を2つ購入。馬鹿げている、うちに積ん読が何冊あると思っているんだ。

 

こうして、家にまたストックの山が出来上がる。 

それなのに、僕の日用品は靴下一足許されない。必要最低限の物しか持たない方が良いと言うのだ。馬鹿げている、靴下はサラリーマンの必要経費だ。

 

ミニマリストとマキシマリスト。
その実態は表裏一体なのかもしれない。

嫁のため息

近頃、嫁が頻繁にため息をつく。

嫁は元々、ため息をつく癖があるのだが、その頻度が明らかに上がっている。

原因は何なのだろう。
育児疲れ?
慣れない環境?
さえない旦那?
はたまた、僕の安月給?
それなら甘んじて受け入れよう。

ため息の原因を聞いても、さらにため息をつかれる。ため息をつかれた僕は、疲れる。

こんなの負のスパイラルじゃないか、馬鹿げている。

娘の前ではため息をつかないで欲しいとお願いするも、効果はない。はぁー。

お母さんて、そんな世知辛い生き物なのか。

嫁を案ずる気持ちばかりが先走りして、行き場のない僕の思いは、仕方なく、格安スマホの中の無料動画に向かう。